15:53 2018年08月20日
中国海軍

中国軍艦がインド洋西部で射撃

© REUTERS / Stringer
アジア
短縮 URL
284

中国人民解放軍海軍の艦隊がインド洋西部の海域で「敵」船に向けて射撃した。新華通信社が報じた。

スプートニク日本

演習にはミサイル駆逐艦「長春」、ミサイル護衛艦「荊州」、総合補給艦「巣湖」が参加した。

数日間の演習で小艦隊は「敵」船への軽火器射撃、燃料・飲料水補給任務を遂行した。

中国海軍の報道官は「演習は実戦の条件下での艦体オペレーションの鍛錬に向けられたもの」とする声明を出した。

中国艦隊は4月23日、6ヶ月間の日程のアジア、欧州、アフリカ、オセアニア諸国への友好訪問を開始し、すでに10カ国と合同演習を行った。

これより前、中国外務省の華春瑩報道官は21日、米韓合同軍事演習について、朝鮮半島の緊張緩和のためにはならないとの声明を表した。

関連記事

中国、米海空軍が南シナ海で演習実施に反発 「国家主権を断固守る」

タグ
軍事, 軍事演習
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント