10:39 2018年12月17日
万一ソウル、東京に北朝鮮が核攻撃 米国専門家の分析では死者数200万人に

万一ソウル、東京に北朝鮮が核攻撃の場合 米国専門家の分析では死者数200万人に

© REUTERS / KCNA
アジア
短縮 URL
237

朝鮮民主主義人民共和国がソウルと東京に核攻撃を行った場合、200万人以上の死者が出る恐れがある。北朝鮮の分析を専門とする米国のウェブサイト「38ノース(38 North)」はこうした想定を発表した。

スプートニク日本

この分析は、北朝鮮が弾道ミサイル用に25発の核弾頭を保有し、それらすべてがソウルと東京を攻撃するために使用された事態を想定している。核弾頭の威力は15キロトンから250キロトンの範囲で設定された。

分析の際、発射された核弾頭のうち実際に作動し、炸裂する確率は20%、50%、80%の3パターンにわけられ、日本と韓国が現在配備しているミサイル防衛システムが発揮する効力も考慮されている。その結果、最悪の場合、死者数は両都市合わせて最大で210万人に達し、770万人が外傷を負い、被爆する。

北朝鮮の動向については連日のように様々な指摘が挙げられているが、米中央情報局(CIA)のマイケル・コリンズ長官も4日、朝鮮半島で近い将来、緊張の高まりが予想されることを明らかにしていた。

タグ
日本, 北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント