05:18 2018年08月19日
中国、軍事、広告

中国、対テロレーザー砲を開発

© AP Photo / Andy Wong
アジア
短縮 URL
0 82

中国で、200メートル以内の標的を1秒で破壊できる対テロレーザー砲が開発された。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の英字版ゴールデンタイムズが報じた。

スプートニク日本

兵器はホンフェン社と中国航天科工集団(CASIC)が共同開発した。セットには手動照準装置、ポータブルバッテリー、遠隔操作のためのリモコン、レーザー発射装置が入っている。動作実験は湖南省で行われた。

他の兵器と比べ、レーザー砲は発射速度と精度がより高い。使用時は音も光の点滅もない。開発者によると、使用しやすく反動もないという。

関連ニュース

中国 新たな レーザー防空システムを公開 【写真】

ペンタゴンは即時全地球攻撃兵器の製造を開始 露国防省

タグ
テロ, 軍事, 武器・兵器, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント