06:55 2018年07月17日
北朝鮮高官 米国は太平洋上の水素爆弾実験警告を文字通り受け止めるべき

北朝鮮高官 米国は太平洋上の水素爆弾実験警告を文字通り受け止めるべき

© Sputnik / Ilya Pitalev
アジア
短縮 URL
123

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の高官はCNNテレビからのインタビューに答え、同国の李容浩(リ・ヨンホ)外相が以前、米国に対して太平洋上での水素爆弾の実験を警告したことについて、この発言を真摯に受け止めるべきと指摘した。

スプートニク日本

CNNのインタビューに答えたのはリ・ヨンピと名乗る高官で、「李容浩外相は我々の最高指導者の意図をよく承知している。このためあなた方は彼の発言を文字通りに受け止めるべきだと思う。我々の国は常に発言したことは実行に移してきた」と語っている。

金正恩氏の太平洋上での水素爆弾の実験の可能性を示唆する発言は、トランプ米大統領が北朝鮮の完全な破壊を約束したことを受けて出されていた。

【ワシントン=黒瀬悦成】米CNNテレビは25日、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が9月に太平洋上空の大気圏内での水爆実験の実施を警告したことに関し、北朝鮮高官がCNNとのインタビューで、李氏の発言を「額面通り受け止めるべきだ」と述べたと伝えた。

CNNによると、インタビューは平壌市内で行われ、リ・ヨンピと名乗る高官がCNN記者の質問に答えた。高官は「李外相はわれらが最高指導者(金正恩=キム・ジョンウン=朝鮮労働党委員長)の考えを十分に承知している」とし、北朝鮮が実際に「水爆実験」に踏み切る意思があることを強調した。

この高官はまた、「米国は軍事的選択肢に言及し、軍部隊を移動させたりもしている。あらゆる分野で制裁圧力もかけている」と指摘し、「これらが外交(的解決)につながると考えているのなら、重大な間違いだ」と語り、トランプ政権との対決姿勢を改めて鮮明にした。

高官はさらに、北朝鮮と米国との間に外交チャンネルは存在しないと述べ、「米朝間の対話のパイプは開かれている」と繰り返し表明してきたティラーソン国務長官の見解を否定した。

一方、マティス米国防長官は25日、マニラからタイに向かう専用機の機中で記者団に対し、北朝鮮問題で「われわれは戦争に突き進むのではなく、平和的な解決を求めている」と改めて強調した。

タグ
核実験, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント