20:43 2018年07月21日
朝鮮中央通信、金正恩氏の目的を明らかに

朝鮮中央通信、金正恩氏の目的を明らかに

© REUTERS / KCNA
アジア
短縮 URL
0 14

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は13日、金正恩朝鮮労働党委員長が12日に第8回軍需工業大会の閉幕式典に参加し、演説で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を「世界最強の核強国、軍事強国」にする目的を明らかにしたと伝えた。

スプートニク日本

金正恩氏は北朝鮮の国防工業が、自立的かつ近代的な国防工業に発展したと指摘し、「われわれの力と技術で原爆、水爆と大陸間弾道ロケット「火星15」型をはじめとする新しい戦略兵器システムを開発し、国家核戦力完成の大業を成し遂げたのは、高価な代償を払いながら決死の闘いで獲得したわが党と人民の偉大な歴史的勝利だ」と述べた。

朝鮮中央通信によると、金正恩氏は「主体的国防工業は絶えず強化され、発展するであろうし、われわれは反帝・反米対決戦で勝利」と主張した。

先の報道によると、ティラーソン米国務長官は12日、ワシントンで開催された外交シンクタンク「大西洋評議会」会議で講演し、北朝鮮には核・ミサイル開発の能力があると強調した。

タグ
ミサイル, 金正恩, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント