18:53 2019年09月21日
中国、軍事

中国、超近代的軍隊建設の報道

© AP Photo / Pang Xinglei/Xinhua
アジア
短縮 URL
0 133
でフォローする

軍事分野での応用に向けて人工知能と量子技術の発展を促すため、代表的な研究機関での活動に中国が専門家120人を選抜したと、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が国営メディアの情報として報じている。

スプートニク日本

サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、中国人民解放軍軍事科学院での研究活動のため同軍が専門家らを集めたという。研究者らの95%以上は複数の学位を有しており、特に量子技術と人工知能を専門としている。

この措置は、軍事技術超大国となって各指標で米国に追いつこうという中国政府の意図、とりわけ「必要な場合はあらゆる敵に反撃を加える能力を持つ」超近代的な軍隊を建設しようという習近平国家主席の試みと関連していると同紙は指摘している。

今のところ、中国人民解放軍は人員数で世界最大の軍であり続けており、その兵力はおよそ230万人、国の人口の0.18%を占める。

関連ニュース

中国の超音速兵器が撮影される【動画】

日本人は、北朝鮮、中国、ロシア、米国が軍事的脅威になると考えている 読売新聞の世論調査

タグ
研究, 人工知能, 科学, 軍事, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント