19:00 2020年10月20日
アジア
短縮 URL
2161
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩金正恩朝鮮労働党委員長は3月25日から28日まで中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。中国の新華社が28日に伝えた。

スプートニク日本

朝鮮中央放送を引用し聯合ニュースが報じたところによると、金正恩氏は習近平氏の招きで訪中していた。代表団は夫人の李雪主氏、崔竜海党副委員長、朴光浩党副委員長、李洙ヨン党副委員長、金英哲党副委員長兼統一戦線部長らからなっていたという。

李容浩(リ・ヨンホ)外相
© AP Photo / Richard Drew
NHKによると、習主席は「朝鮮半島の問題においてわれわれは非核化を実現するという目標を堅持し朝鮮半島の平和と安定を守り対話を通じて問題を解決する」と述べた。

これに対し、金正恩氏は「祖父の金日成主席と父親の金正日総書記の遺訓に従って、朝鮮半島の非核化の実現に力を尽くすのは、われわれの一貫した立場だ」と述べた。

会談の議題になったのは核・ミサイル問題または、来月末の南北首脳会談や、5月までに開かれる見通しの米朝首脳会談だったという。

金正恩氏は北朝鮮の指導者になって以来、初めて外国を訪問した。

タグ
習近平, 金正恩, 北朝鮮, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント