02:49 2020年10月29日
アジア
短縮 URL
2517
でフォローする

安倍首相は28日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が訪中で、習近平国家主席と会談したことを受け、参議院予算委員会で「重大な関心を持って情報収集・分析に努めている。中国側からもしっかりと説明を受けたい」と述べた。NHKなどが伝えた。

スプートニク日本

また、安倍氏は、「今回、北朝鮮の側から対話を求め、南北・米朝の首脳会談の前に中朝の首脳会談が行われたことが明らかになったが、この変化は、中国やロシアも含めて確固たる決意で北朝鮮に臨み、圧力を最大限まで高めるという方針を国際社会の方針にするために、日本がリーダーシップをとってきた結果だ」と述べた。

安倍首相によると、大事なのは交渉ではなく、北朝鮮の非核化だ。首相は北朝鮮が核兵器・ミサイルを廃棄するまで、日本は制裁は維持するという姿勢を示した。

関連ニュース

金正恩氏、習近平氏と会談=新華社

金正恩氏、朝鮮半島の非核化を希望

習近平氏、平壌訪問へ

タグ
金正恩, 安倍晋三, 習近平, 中国, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント