00:10 2018年05月22日
東京+ 19°C
モスクワ+ 20°C
    中国、係争中のスプラトリー諸島に軍事設備を配置との報道

    中国、係争中のスプラトリー諸島に軍事設備を配置との報道

    © AFP 2018 / POOL / RITCHIE B. TONGO
    アジア
    短縮 URL
    183

    南シナ海に浮かぶ係争中の島々で、通信システムや電波探知システムを妨害できる特別な設備を中国が配置したと、米軍人らの話としてウォールストリート・ジャーナル紙が伝えている。

    スプートニク日本

    米情報機関によると、新たな妨害設備は最近90日以内にミスチーフ礁(美济礁)とファイアリー・クロス礁に展開された。

    同紙によれば、米国のこのような評価は商業会社「DigitalGlobe」による衛星写真によって立証されている。合致する写真をウォールストリート・ジャーナルが入手した。同紙の主張によると、この写真では、ミスチーフ礁(美济礁)の上に、アンテナを伴った妨害システムと推定されるものが見えている。

    中国国防省は、報じられた情報についてのコメントの依頼に対し、今のところ回答していない。

    石油など天然資源が豊富だと明らかになった南シナ海の西沙(パラセル)諸島や南沙(スプラトリー)諸島、中沙諸島(スカボロー礁)といった諸島をめぐり、中国とベトナム、ブルネイ、マレーシア、フィリピンなど7カ国は10年間にわたり領有権を争っている。

    米国は当事国ではないが中国の主張を認めず、極端な海洋権益の主張を牽制に向けた航行の自由作戦を同海域で実施している。

    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント