13:38 2018年08月16日
日中韓、東京で首脳会談

日中韓、東京で首脳会談 保護主義に反対

© AFP 2018 / Eugene Hoshiko
アジア
短縮 URL
0 56

中国と韓国は日本と共に自由貿易に賛成するとの考えに、日本の安倍首相、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領が9日、東京での3カ国会談で至った。

スプートニク日本

李首相は、「貿易の自由と、保護貿易主義の拒否は、3カ国にとっても、世界にとっても有益なものだ」と述べた。

文大統領は、3カ国による経済的相互協力の重要性を強調した。

東京で安倍首相、李首相、文大統領の会談が2015年以来初めて行われた。3カ国首脳会談は前回、2015年11月に韓国で実施されていた。

中国首相による訪問は2011年5月以来、7年間で初めてとなり、一方、韓国大統領による訪問は2011年12月以来初めてとなった。

3カ国は朝鮮半島情勢、とりわけ4月27日に韓国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の両首脳によって署名された「板門店宣言」について議論し、また3カ国間の自由貿易協定(FTA)と東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に関する交渉を行った。

関連ニュース

中国が日韓に保護貿易主義に対抗するよう呼びかけ

日中、RCEP交渉完了加速で合意

タグ
経済協力, 日本, 韓国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント