06:11 2018年09月21日
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、もしドナルド・トランプ米大統領が核問題の解決のみならず、朝米関係改善にも興味を示すのであれば、より高いレベルでの米朝首脳会談が行われるだろう、と金桂冠(キム・ゲグァン)北朝鮮第1外務次官が発表した。聯合ニュースが伝えた。

朝米首脳会談、米側の関係改善に対する姿勢次第か

© REUTERS / Damir Sagolj
アジア
短縮 URL
2112

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、もしドナルド・トランプ米大統領が核問題の解決のみならず、朝米関係改善にも興味を示すのであれば、より高いレベルでの米朝首脳会談が行われるだろう、と金桂冠(キム・ゲグァン)北朝鮮第1外務次官が発表した。聯合ニュースが伝えた。

スプートニク日本

金氏はまた、「トランプ政権が朝米関係改善のための真剣さを持って朝米首脳会談に臨むなら、われわれの相当する呼応を受けるようになる」として「朝米(米朝)首脳会談に応じるかを再考せざるを得ない」と述べた。

先に伝えられたところによると、トランプ米大統領はツイッターで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談が6月12日、シンガポールで行われると発表した。

関連ニュース

中国国家主席、シンガポールで米国と北朝鮮の首脳と会談の可能性-韓国テレビ局

タグ
金正恩, ドナルド・トランプ, 北朝鮮, シンガポール, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント