07:54 2018年06月21日
ミサイル巡洋艦「アンティータム」(アーカイブ)

米軍艦、西沙諸島付近を航行

© Flickr / Naval Surface Warriors
アジア
短縮 URL
0 37

米海軍の軍艦は27日、中国が領有権を主張する南シナ海の島々の近くを航行した。トランプ米大統領が北朝鮮に関して中国の継続的な協力を求めるなか、中国を怒らせるであろう動きだ。2人の米当局者がロイターに伝えた。

スプートニク日本

匿名を希望した当局者によると、誘導ミサイル駆逐艦「ヒギンズ」と誘導ミサイル巡洋艦「アンティータム」が西沙諸島(パラセル諸島)から12海里まで近づいた。中国はこの島しょと礁、浅瀬に対し、近隣諸国と領土紛争を抱えている。

米艦隊は西沙諸島のウッディー島、ツリー島、東島、トリトン島の近くを航行したと当局者の1人は述べた。

関連ニュース

タグ
軍事, ミサイル, 領土問題, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント