18:41 2018年09月26日
米からの十分な保証の内容、北朝鮮は自国で決めるべき=ラブロフ外相

米からの十分な保証の内容、北朝鮮は自国で決めるべき=ラブロフ外相

© Sputnik / Maksim Blinov
アジア
短縮 URL
0 110

北朝鮮は米国からのどのような保証が十分か自国で決めるべきで、ロシアは米朝間の協議プロセスに介入する権利があると考えていない。ロシアのラブロフ外相は31日、平壌で北朝鮮の李英浩外相との会談を終えて指摘した。

スプートニク日本

「北朝鮮側は近年の歴史を知っており、全要因を考慮して自らの立場を決定すると確信している。北朝鮮が米国との会談に臨む際の立場の具体的な思索や具体的な形成に、私たちが関心を持つことは正しいと思わない。今、専門家らが準備のための協議を行っており、私たちは自分が、何らかの手段でこのプロセスに介入する権利を持つとは思っていない」とラブロフ氏は述べた。

しかしラブロフ氏によると、この合意が国際社会による何らかの検討対象になった時は、おそらく、国連安全保障理事会はその取り組みを支援しなければいけないだろう。このプロセスにおいてロシアは、全当事国の国益に適う合意を提唱する準備がある。

関連ニュース

ロシア・北朝鮮、安保理決議踏まえ経済関係の拡大も=ラブロフ外相

タグ
セルゲイ・ラブロフ, ロシア, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント