21:43 2018年08月16日
中国は多方面でイランとの関係発展を推進し、協力関係を強化していく用意ができている。習近平国家主席が、イランのハッサン・ロウハニ大統領との首脳会談時に述べた。

習近平氏、イランとの協力強化の用意を発表

© REUTERS / Jason Lee
アジア
短縮 URL
1163

中国は多方面でイランとの関係発展を推進し、協力関係を強化していく用意ができている。習近平国家主席が、イランのハッサン・ロウハニ大統領との首脳会談時に述べた。

スプートニク日本

首脳会談は日曜日、上海協力機構首脳会談が開催された中国山東省の青島で行われた。

習氏は、「中国とイランの関係の中には、さらなる発展、深化のためのポテンシャルを秘めている。中国はイランと共同して多角的な戦略的パートナーシップを推進していく用意ができている」と述べ、両国が戦略的相互信頼のレベルを上げ、両国の主要な利益に関わる問題において、さらなる相互援助を提供していく必要性があることを強調した。

同氏はまた、「イランの核問題に関する最終合意(包括的共同作業計画)、それは多くの国々の努力の賜物であり、地域の平和と安定の維持、及び核不拡散の国際体制の保護を促進するものである。当核合意は何としてでも実現されなければならない」と、イラン核合意履行に対する賛成の意を表明した。

関連ニュース

米、核合意脱退でイランからのサイバー攻撃を危惧 NYタイムズ

ロシア 米国のイラン核合意離脱はEU経済への圧力ツールの可能性

タグ
習近平, イラン, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント