05:04 2018年10月22日
両首脳が米朝首脳会談の共同声明に調印した

米朝首脳、合意文書に署名 北の体制保証見返りに完全非核化の義務【動画】

© REUTERS / Jonathan Ernst
アジア
短縮 URL
3201

声明の内容はまだ発表されていないものの、CNNによると、トランプ氏と正恩氏が調印する共同文書は、協議の進展とプロセス継続の意思を確認する協定になると見られる。また、AFP通信の報道によると、正恩氏は「朝鮮半島の完全な非核化」に対する義務を負うことになり、米国は「安全を保証する」義務を負う模様。

スプートニク日本

トランプ氏は今回の合意に大きな誇りを覚えるとした上で、北朝鮮そして朝鮮半島全体との米国の関係は大きく変化すると述べた。トランプ氏によると、北朝鮮の非核化プロセスは非常に迅速に開始される。

トランプ氏は調印式で「私たちは非常に重要で詳細な文書に調印する」と発言。

正恩氏は一方で、文書への署名を「新たなスタート」と大きな変化の始まりだと述べた。

両首脳は首脳会談に対して互いに感謝。トランプ氏はまた、正恩氏を米ホワイトハウスに招待する用意があると表明した。

AFP通信が報じるところ、署名した合意文書は、正恩氏が「朝鮮半島の完全な非核化」に対する義務を負うものになっている。

AFP通信はまた、文書により米国が「安全を保証する」義務を負うと指摘する。

しかし、米国が主張していた完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)という言葉は文書に盛り込まれていない。

関連ニュース

タグ
米朝関係, ドナルド・トランプ, 金正恩, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント