11:50 2018年07月20日
戦闘機「KFX」

韓国、自国製第4.5世代戦闘機試験へ 2022年開始を計画【動画・写真】

CC BY-SA 4.0 / Alvis Cyrille Jiyong Jang (Alvis Jean) / KFX model (cropped photo)
アジア
短縮 URL
0 56

韓国が、自国製の第4.5世代多目的戦闘機「KFX」の試験を2022年に開始する予定であると、同国の防衛調達局が発表している。

スプートニク日本

韓国防衛事業庁が26日から28日まで、戦闘機の基本設計審査(PDR)に関する会議を実施し、プロトタイプの設計に軍の技術的要求が全て含まれることを確認した。

2021年前半に戦闘機の最初の試作機が製造され、2022年後半には航空機の試験が開始される。開発プロセスは2026年までに完全に終了する予定。

多目的戦闘機の開発は、韓国航空宇宙産業(KAI)により、インドネシアン・エアロスペースによる支援のもとに行われている。

公開されている複数の情報源の予備的なデータによると、プロトタイプの仕様は以下のようになっている。乗員は1~2名、機体の長さは16.7メートル、翼の幅は11.4メートル、高さは4.58メートル、最高速度はマッハ1.8(マッハ1は音速、即ち時速1200キロに等しい。マッハ2は時速2400キロ)。

戦闘機「KFX」
© 写真 : indodefense.wordpress.com
戦闘機「KFX」

関連ニュース

ロシアのスホイ34は世界最高の戦闘爆撃機=マスコミ

トルコ 空軍 米国に発注の最初のF-35を受理

タグ
軍事, 武器・兵器, インドネシア, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント