04:54 2018年10月23日
北朝鮮、弾道ミサイル製造拠点を拡張 人工衛星が捉えた

北朝鮮、弾道ミサイル製造拠点を拡張 人工衛星が捉えた

© AP Photo / Evan Vucci
アジア
短縮 URL
229

北朝鮮は、固体燃料式弾道ミサイルの製造拠点の拡張プロセスを完了しつつある。ウォール・ストリート・ジャーナルが、衛星写真の調査結果をもとに報じた。

スプートニク日本

同紙によると、ミドルベリー国際大学院モントレー校の専門家らが、Planet Labs Incが提供した衛星写真を分析した。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、北朝鮮の咸興市にある工場では、アジアにある米軍基地、また米本土もほぼ準備なしで攻撃できる弾道ミサイルが製造されている。

製造拠点の拡張は「米国が核兵器の廃棄を迫る時にも北朝鮮が開発プログラムを継続している新たな証拠である」と主張されている。

写真は工場の外側の作業が、6月にシンガポールで行われた米朝首脳会談の時期とほぼ重なっていることを示している。

米国務省は、双方が「交渉で前進している」時も、「米国は引き続き北朝鮮を注視する」と発表した。

関連ニュース

米朝高官、板門店で協議 ポンペオ氏訪朝前に調整=CNN報道

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント