09:03 2018年10月17日
北朝鮮の黒鉛炉で冷却系改修の可能性も 38ノース分析

北朝鮮の黒鉛炉で冷却系改修の可能性も 38ノース分析

© Sputnik / Iliya Pitalev
アジア
短縮 URL
0 22

米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は9日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)北西部・寧辺の核施設にある5000キロワットの黒鉛減速炉で、2次冷却系の改修作業が続いている可能性があると発表した。時事通信が伝えた。

スプートニク日本

「38ノース」は、7月31日に撮影した人工衛星写真を分析した。減速炉は稼働していないとみられる。

​先に、同サイトは首都平壌近郊で稼働するウラン濃縮施設だと報じられた建物がウラン施設である可能性は低いと分析していた。

関連ニュース

北朝鮮、「西海衛星発射場」の主要施設の解体を開始

タグ
米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント