20:28 2018年11月15日
北朝鮮の金永春元人民武力相が死去 金正恩が葬儀委員長に

北朝鮮の金永春元人民武力相が死去 金正恩が葬儀委員長に

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
アジア
短縮 URL
0 11

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国防委員会副委員長や人民武力相(国防相に相当)などを歴任した金永春氏(キム・ヨンチュン)が16日、死去した。82歳だった。北朝鮮国営の朝鮮中央通信の17日付けの報道を時事通信が引用して報じた。

スプートニク日本

中央通信は、金氏は「急性心筋梗塞で8月16日3時10分、82歳で惜しまれつつ逝去した」と伝えている。

金氏は2007年、当時、最高権力機関だった国防委員会の副委員長に選ばれ、09年には人民武力相に就任。11年12月に金正日総書記が死去した際には、葬儀委員会の序列5位で、告別式では霊きゅう車に付き添って行進した。14年からは人民武力省総顧問を歴任し、16年に元帥の称号を授けられた。

金氏の葬儀は20日に国葬として行われ、金正恩朝鮮労働党委員長が国家葬儀委員長を務める。

関連ニュース

金正男氏殺害の被告ら、再び法廷に出頭へ

制裁と南北関係改善は両立し得ない=労働新聞

タグ
金正恩, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント