05:43 2018年12月15日
中国の新たな空母、試験航行に出発

中国の新たな空母、試験航行に出発

© AFP 2018 /
アジア
短縮 URL
0 63

中国初の国産空母「001A型」が26日、外海でテストを行うために2度目の試験航行に出発した。

スプートニク日本

グローバルタイムズ紙によると、空母は8月26日午前、拠点とする大連の港を出港した。数隻のダグボートが随行している。

航海中に、エンジン、通信システム、ナビゲーションが綿密にチェックされる。

中国2隻目の空母で、初の国産空母となった「001A型」は、2013年に建造が始まり、2017年4月に進水した。全長は315メートル、幅は75メートル、排水量は7万トン、最大速度は31ノット。中国のマスコミによると、J-15艦上戦闘機36機を搭載できるという。

  • 中国初の国産空母「001A型」
    中国初の国産空母「001A型」
    © AFP 2018 /
  • 中国初の国産空母「001A型」
    中国初の国産空母「001A型」
    © AFP 2018 /
  • 中国初の国産空母「001A型」
    中国初の国産空母「001A型」
    © AFP 2018 / STR
  • 中国初の国産空母「001A型」
    中国初の国産空母「001A型」
    © AFP 2018 /
1 / 4
© AFP 2018 /
中国初の国産空母「001A型」

なお中国初の空母「遼寧」は、ウクライナから1998年に購入したソ連の未完成の巡洋艦「ヴァリャーグ」を基に建造され、2012年に就航した。

タグ
軍事, 武器・兵器, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント