19:34 2018年10月18日
ロシア国営宇宙企業のドミトリー・ロゴジンCEO(アーカイブ写真)

ロシア、米との月軌道ステーション計画の参加条件に不満

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi
アジア
短縮 URL
150

ロシア国営宇宙企業のドミトリー・ロゴジンCEOは、米国との月軌道宇宙ステーション計画で、現在提案されている参加条件への不満を表明した。

スプートニク日本

ロゴジン氏は宇宙分野の若い専門家らとの会合で「ロシア連邦は二義的な役割で参加することできない」と述べた。

去年9月、ロスコスモスとNASAは国際月軌道宇宙ステーション製造で協力する覚書に調印。月軌道ステーションは後に、深宇宙探査ゲートウェイとの名称を得た。

ロゴジン氏は、ロシアが月軌道ステーションの新プロジェクトを提案すると述べた。

ロゴジン氏はまた、新プロジェクトにも米国が参加する可能性を除外しなかった。また、宇宙ステーションはBRICSのパートナー諸国と製造される可能性もある。

関連ニュース

米サイト「スペースX、宇宙軍拡競争に合流する可能性

インド 2022年までに独自の宇宙ミッションを打ち上げ

タグ
テクノ, 宇宙, ドミトリー・ロゴージン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント