18:37 2018年12月16日
城南市

韓国最大の犬肉処理場が解体【動画】

CC BY-SA 4.0 / Hikaru Arai / Seongnam (cropped photo)
アジア
短縮 URL
0 23

韓国最大の犬肉処理場が22日、解体された。韓国のマスコミが報じた。朝鮮日報によると、城南市の犬肉処理場「太平洞」では、600匹の犬を収容することができた。

スプートニク日本

聯合ニュースによると、この犬肉処理場では、1990年代から約8万匹の犬が屠殺された。

市当局は、処理場に公園をつくることを計画し、処理場の所有者は昨年12月から、市当局による解体の決定と争っていた。

だが今月、状況は市当局にとって有利に解決された。一方、処理場の所有者は、動物の権利活動家らが救出を願っていた約100匹の犬を連れ出すことに成功したという。

韓国では1990年代から犬の扱い方が変わり始めた。社会では犬を家畜ではなく、ペットや人間の友達と考えることが多くなった。動物愛護団体の活動が活発になり、犬肉を提供するレストランは少なくなっていった。

2018年6月、韓国の国会議員の1人は、犬の屠殺を禁止する法案を提案した。

関連ニュース

英雄犬の追悼式行う 米ミシガン州

湖氷に張り付き動けない犬を救出 ロシア・シベリア

タグ
動物, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント