17:10 2018年12月15日
中国共産党員(アーカイブ写真)

アリババ会長、中国共産党員に

© AFP 2018 / Mark Ralston
アジア
短縮 URL
0 53

アリババ・グループ(阿里巴巴集団)の馬雲(ジャック・マー)会長が、中国共産党の党員になった。「人民日報」(電子版)が伝えた。

スプートニク日本

今回の決定は、中国共産党中央委員会によって下されたもので、改革開放政策の実施開始から40周年となるのに合わせた措置。このような形で、共産党中央委が「その(改革開放政策の)推進に特別な貢献を行った人物からなるグループに対する敬意」を表することとなった。

それぞれの地域において地域ごとの候補者が選出され、全体では「入党に向けて推薦された活動家ら100人が選抜された」という。それらの活動家の中には、電子商取引(ネットショッピング)分野における中国で最大手の企業の1つであるアリババの創業者で会長の馬氏のほか、中国で最大手の電気通信会社であるテンセント(騰訊)のトップを務める馬化騰・最高経営責任者(CEO)が含まれている。

入党に対して異議がある場合には、電話や自ら直接、あるいは電子メールで共産党中央委に対し、30日までに申し立てることができる。

関連ニュース

アリババ倉庫のロボット、「気遣い」が完璧でお互いに道を譲り合う【動画】

ジャック・マー氏:米国は中国との貿易戦争でより苦しんでいる

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント