09:58 2018年12月10日
ヌルカヨ・ウトモ氏

ロイター通信:インドネシア機、事故前日の飛行中に不具合があった

© REUTERS / Darren Whiteside
アジア
短縮 URL
0 10

10月29日に墜落したインドネシアのライオン・エア航空ボーイング737 MAX 8型機は、事故前日10月28日の飛行中に不具合があった。28日、インドネシア国家運輸委員会・航空事故防止課の責任者、ヌルカヨ・ウトモ氏が明らかにした。ロイター通信が報じた。

スプートニク日本

ウトモ氏によると、ボーイング737 MAX 8型機では10月28日、デンパサール(バリ島)からジャカルタへ向かう途中、最後の飛行中に発生したのと同様の技術的問題が生じていた。

ウトモ氏は「我々は、航空機は運航に適していなかったと考えている」と述べた。ロイター通信が報じた。

先に、航空機メーカーのボーイング社は、ボーイング737 MAX 8型機およびMAX 9型機の飛行制御システムが、異常または緊急事態が発生した際に、飛行機を急降下させる可能性があることを航空会社やパイロットに隠していたとウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。

29日10月、ジャカルタ発スマトラ島行きのライオン・エアのボーイング737Max型機が、インドネシア西ジャワ州沖に墜落した。同機には乗客乗員189人が搭乗していた。生存者はいないと報じられた。

今回の事故は、昨年5月に納入が開始された第4世代のボーイング737MAX型機で初めてのものとなった。なお、機長と副機長は経験豊富だったという。

タグ
びっくり, 飛行機, 事故, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント