18:59 2019年01月20日
TPP

TPP 参加11か国で発効

© AFP 2018 / Claudio Reyes
アジア
短縮 URL
2512

日本時間30日午前0時、米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」が発効した。

スプートニク日本

協定の批准が最初に完了していたのは日本、メキシコ、シンガポール、ニュージーランド、カナダ、オーストラリアの6か国。

ベトナムは遅れて批准したため、発効は年明けの1月14日になる。

ブルネイ、マレーシア、ペルー、チリはまだ批准は完了していない。

TPPは今年3月、米国が脱退を表明した後、調印された。これにより関税の撤廃ないし著しい引き下げが行われるほか、TPP圏内での商品、資本の流れや技術のやりとりにあった障壁が取り除かれる。また投資家の環境改善も大きな狙いとなっている。

関連ニュース

日米の二国間貿易協定 旨味のある取引か、双方が譲歩か?

アジア経済 トランプ氏の政策に対抗するか?

タグ
経済協力, 経済, ニュージーランド, 日本, シンガポール, カナダ, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント