18:11 2019年10月23日
Airbnb

中国版Airbnb、民泊物件に顔認識システムを設置

© Flickr/ OuiShare
アジア
短縮 URL
0 23
でフォローする

民泊仲介サービス世界最大手「エアビーアンドビー(Airbnb)」の中国版「シャオジュー(小猪)」は、80%の民泊物件に顔認識システムとスマートロックを取り付ける予定だ。「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)」紙が報じた。

スプートニク日本

現在、「シャオジュー」は、中国国内のほぼすべての大都市で50万件の物件を提供している。また、「シャオジュー」は今日、成都市の民泊物件で顔認識技術のシステム設置をテストしており、将来的には、中国のすべての都市でこのモデルを拡大する予定だ。

スマートロックの設置は住居の安全性を高め、マンションの所有者がリモートで部屋を貸し出すことを可能にする。これにより、ゲストが家の近くで鍵を探したり、必要な時に家の所有者と連絡が取れないことから解放される。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント