18:58 2019年08月18日
日本と中国の旗

日本 アジアのインフラ投資競争では中国より勝ち目あり

© AFP 2019 / Kazuhiro Nogi
アジア
短縮 URL
216

米ニュースチャンネル「CNBC」は、中国が東南アジアでのインフラ投資を「一帯一路」構想のイニシアチブの一環として強化した後、日本政府は投資規模で中国政府に後れをとったものの、専門家らの間では、地域における評判と影響力の点は日本は中国に依然として勝っているとの考察がみられると報じた。

スプートニク日本

アジアの発展途上国での日本のプロジェクトは、安全性と信頼性の高い水準から「高品質のインフラ」の鏡と評価が高い。環境にダメージを与えず、地域の物流に有機的に適合し、その発展を促進している。

「CNBC」はこれを説明するために日本の国際協力銀行のベトナム融資を例にとり、高速道路や港湾の近代化を目的としたベトナムへの融資が、農村世帯収入の増加や貧困の削減、経済効率の向上に着実に貢献したと評価した。

一方で「一帯一路」構想の参加諸国は、中国の建設会社は地元企業を誘致するのではなく、資材や労働力のほとんどを中国から輸入しているとこぼしている。
戦略国際問題研究所の「リコネクティング・アジア・プロジェクト」のジョナサン・ヒルマン代表は、アジアの発展途上国のインフラ・プロジェクトへ融資する中国の主要銀行は、請負企業が選定された後に情報を公表するが、融資条件はまったく開示されていないことがよくあると指摘している。

関連ニュース

フィッチ 日本の長期外貨建て発行体デフォルト格付けを「A」 安定予測

首相、スイスのダボス会議で演説 「国際貿易体制立て直し」訴え

タグ
経済, 日本, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント