03:26 2019年06月21日
中国セキュリティ企業、新疆ウイグル自治区で数百万人を追跡

中国セキュリティ企業、新疆ウイグル自治区で数百万人を追跡

© AP Photo / Ng Han Guan
アジア
短縮 URL
0 25

中国のセキュリティソフトウェアシステム会社SenseNetsが、新疆ウイグル自治区で250万人を超える人の動きを追跡していた。ロイターが報じた。

スプートニク日本

オランダ人セキュリティ研究家のヴィクトル・ジェベル氏は同社のデータベースが保護されておらず、承認なしに完全な管理権を取得できることに気づいた。顔認証技術などを提供する同社のデータベースは名前、IDカード番号、生年月日、および位置データを含む。

ジェベル氏によると、誰でもデータベースに入り、データを作り、読み取り、削除することが可能だったという。

同社によると、SenseNets社は諸都市で中国警察と協力している。

関連ニュース

グーグル、密かにユーザーに報酬を支払っていたことを認める

サウジ政府謹製の女性監視アプリに人権擁護団体が批判

タグ
インターネット, ハッカー, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント