22:31 2019年03月22日
米部隊、ベトナムで戦利品のAK-47を好んでいた=歴史家

米部隊、ベトナムで戦利品のAK-47を好んでいた=歴史家

CC BY 2.0 / USMC Archives / Marine Checks Captured Enemy AK-47, 5 February 1968
アジア
短縮 URL
162

1964年〜1975年、米特殊部隊はベトナムでの作戦中、自軍の短機関銃よりカラシニコフ銃を好んだ。サイト「War is Boring」がケビン・ドッカリー氏による本『Special Warfare Special Weapons』の内容に基づき伝えた。

スプートニク日本

ドッカリー氏によると、米軍兵士は自軍のM16自動小銃を嫌っていた。同小銃は頻繁に戦闘中に詰まったという。

ソ連製のAK-47は反対に、信頼が置けて30発の弾薬が入る大容量のマガジンを備えていた。

まさにそのため、米軍兵士は使いにくいM16自動小銃を拒否し、AK-47を敵部隊から戦利品のように獲得して使うようになった。

ドッカリー氏は「この結果、AK-47は威信ある武器のようなものになった」と指摘する。

米軍兵士は野戦という条件下で、即興で弾薬を集めながら、照準を追加するなどAKを改良していた。

関連ニュース

米、ベトナム戦争で核兵器使用を計画していた=NYタイムズ

タグ
軍事, 歴史, ソビエト連邦, アメリカ軍, 米国, ベトナム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント