05:51 2019年12月14日
金与正

金正恩と女性たち 米朝会談への北代表団に女性3人が同行した理由は?

© REUTERS / Leah Millis
アジア
短縮 URL
金正恩氏とトランプ大統領のベトナムでの会談 (34)
0 30
でフォローする

ベトナム・ハノイで開かれた米朝首脳会談に3人の女性を連れて到着することで、金正恩朝鮮労働党委員長は、北朝鮮の威圧的なイメージを避け、男性優位の好戦的なイメージを変えようとした。こうした見方を示すのは、南ドイツ新聞のクリストフ・ナイドハルト氏だ。

スプートニク日本

李雪主夫人とともに首脳会談を訪れた金氏は、若い現代的なカップルのイメージを示そうとした。

ナイドハルト氏は「李氏はシャネルのバッグに明るい色の西洋式のドレスを着て姿を現すことが多い」と指摘し、「北朝鮮エリートにとって李氏は新たな女性像を作り上げた。女性らは女性の伝統的役割が要求するように、夫の後ろを時折歩くにすぎない」と続けた。

玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏もベトナム行きの金氏に付き添った。

「数年前、彼女は性的スキャンダルに巻き込まれたと語られた。韓国メディアはその後、彼女が処刑されたと報じた。その後、彼女は突然、平昌五輪で南北朝鮮接近に向けた重要人物の1人として現れた」

だがナイドハルト氏が指摘するところ、金氏のイメージに決定的な役割を果たすのは、会談にも同行した妹の金与正(ヨジョン)党第1副部長だ。

​「金氏の演説で彼女は常にそばにいる。金氏が文書に署名する必要がある時、彼女は常に手を貸し、ペンを渡し、ページをめくる。彼女は金氏がカメラの前、そして国際行事で快適に過ごせるように気をかけている。彼女は金氏の演説における舞台裏のリーダーだ」

トピック
金正恩氏とトランプ大統領のベトナムでの会談 (34)
タグ
金正恩, 北朝鮮, ベトナム, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント