06:14 2019年03月22日
逮捕中国、2015年中に役人4万9000人が汚職で訴追

韓国の橋に激突したロシア船の船長、勾留延長が決定

© Fotolia / Jinga80nito
1 / 2
アジア
短縮 URL
0 20

韓国の裁判所は、2月28日に同国の橋に衝突した船「Seagrand」のロシア人船長の勾留延長を決定した。RIAノーボスチが韓国・釜山にある総領事館のロマン・ブィコフ領事の情報を基に報じた。

スプートニク日本

ブィコフ氏が韓国の刑事訴訟法を説明するところ、勾留期間が10日を超えることはない。この間に事件は検察の管轄に移り、勾留の合法性と合理性が検討される。

貨物船「Seagrand」は2月28日、近くに係留していた韓国船籍の船に衝突。その後、正面から釜山港の橋に突っ込んだ。

捜査当局は、船長が衝突時に酩酊状態だった可能性があると見ている。船長と船員は、航行状況が難しかったことが理由だと主張している。

関連ニュース

ロシア船、韓国の橋に衝突 船長が酩酊か【動画】

タグ
逮捕, ロシア, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント