21:29 2019年08月25日
人民元

中国の経済成長の減速はアジア地域にどれほど打撃を与えるか

© Fotolia / MaYichao
アジア
短縮 URL
142

最近、経済学者らは中国の経済成長の減速に注視している。 この減速がアジア諸国にどのように影響するか、香港の「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」紙のインタビューで、ユーラーヘルメス信用保険会社の上級エコノミストのマハムド・イスラム氏が語った。

スプートニク日本

マハムド・イスラム氏によると、中国は世界の経済成長の約3分1、環太平洋地域の約3分の2を占めている。米国と中国の貿易交渉が長引くと、両国間の緊張が高まることになる。

こうした事態は、特にエレクトロニクスや半導体分野の貿易にかなり依存している香港や韓国、シンガポール、台湾といったアジアの小国に否定的な影響を及ぼすことになる。

昨年の第4四半期のシンガポール経済の成長率は、前四半期の2.4%との比較で1.9%まで減速した。台湾の国内総生産(GDP)も2016年以降最低の成長率を示した。 フィリピンでは、主な輸出品目である電機製品の販売が15.2%減少した。

日本もまた、中国への半導体の供給を減らすこととなった。その結果、2019年の第1四半期の日本経済の成長予想は、0.6%から0.2%に引き下げなければならなかった。インド経済だけが強い国内需要のおかげで揺るぎないものになっている。

関連ニュース

タグ
経済, 米国, 香港, インド, フィリピン, 台湾, シンガポール, 日本, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント