11:23 2019年12月13日
ブルネイ

ブルネイ 同性愛セックスと姦通には石打ちによる死刑に

© 写真 : Public domain
アジア
短縮 URL
344
でフォローする

ブルネイでは、間近に迫ったシャリーア法の導入の後、姦通と同性愛セックスは死刑となる。英紙「ガーディアン」が報じた。

スプートニク日本

ブルネイのムスリム法は、 隣国のマレーシアやインドネシアよりもはるかに厳しい。 ブルネイでは、同性愛は長い間非合法化だが、死刑の導入までは、 スルタン国の住民による強い批判によって、 これまで訴訟は起こされていない。 新法が4月3日に施行されると、ソドミー(不自然な性行為) やジナー(姦通)、そして強姦は、石打ちによる死刑となる。

またシャリーア法は、 初犯の窃盗に対しても右手の切断を規定している。 窃盗を繰り返した場合は、左足が切断される。シャリーア法は、 ブルネイの人口の約3分の2を占めるイスラム教徒にのみ適用され る。

人権団体の「ヒューマン・ライト・ウォッチ」と「アムネスティ・ インターナショナル」は、 間近に迫ったシャリーア法の導入について、 すでに強く非難しており、国際世論や外国人投資家、 観光客に対する国家の権威を下げることになると主張している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント