03:51 2019年08月23日
アジア

日本メーカーが韓国から撤退 司法判断に懸念か

アジア
短縮 URL
0 92

今月15日、日本の半導体関連メーカーが韓国からの事業から撤退することを明らかにした。韓国では太平洋戦争中の徴用問題で、日本企業に賠償を命じる判決が相次いでおり、日本企業の間では韓国の司法判断に対する懸念が強まっているとみられる。NHKが報じた。

スプートニク日本

韓国から事業の撤退を決めたのは、東京に本社を構える半導体関連メーカーの「フェローテック ホールディングス」だ。会社側の発表によれば、今年2月、韓国中西部にある子会社と元社員の3人が不正競争防止と営業機密保護に関する法律違反の容疑で韓国検察から起訴された。この事態を受けて、会社側は韓国からの撤退に踏み切る決断を下した。

韓国では太平洋戦争中の徴用問題で、日本企業に賠償を命じる判決が相次いでおり、日本の企業では韓国の司法判断に対する懸念が強まっている。

関連ニュース

首相、日韓首脳会談の見送り検討 6月の大阪G20会合で

タグ
韓国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント