04:58 2019年11月20日

ディカプリオ主演映画の「世界で一番美しいビーチ」、2021年まで立ち入り禁止

© 写真 : Figment Films (2000)
アジア
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
0 01
でフォローする

世界的に有名なピピレイ島マヤ湾の250メートルのビーチの立ち入り禁止期間が、2021年半ばまで延長された。ここは、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の撮影地として知られる。バンコック・ポスト紙が、タイ国立公園局の発表をもとに報じた。

スプートニク日本

『ザ・ビーチ』公開から18年間で、マヤ湾のビーチはピピレイ島の主要な観光名所の一つとなった。

毎年ピークシーズンには1日に350~400隻の船で5000人以上の観光客が訪れていた。

バンコック・ポスト紙によると、大勢の観光客や船によって湾の生態系は重大な損害を受けたため、2018年6月1日からマヤ湾のビーチは観光客立ち入り禁止となっていた。

なお2021年に禁止措置が解除された後、ビーチに立ち入りできる観光客は1日2400人までとなり、滞在時間も数時間とされ、宿泊はおそらく完全に禁止される見込みだという。

関連記事

インド政府 タージ・マハル廟の入場料を5倍値上げへ

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
タグ
映画, 観光, 自然, 環境, タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント