22:44 2020年05月26日
アジア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (203)
131
でフォローする

中国北東部遼寧省大連市で10日午前、ミサイル駆逐艦「昆明級駆逐艦(052D型駆逐艦)」2隻の進水式が行われた。環球時報が報じた。

スプートニク日本

青島沖で4月下旬に開かれた国際観艦式で、最新鋭ミサイル駆逐艦「055型」の1番艦「南昌」が披露された。中国国防省は、同艦がまもなく海軍に配備されると発表。空母を除き、「南昌」は世界最大の水上軍艦のリストに入っている。中国の習近平国家主席は、昆明級駆逐艦の「西寧」に乗って観艦式に出席した。

​「南昌」配備までは、昆明級駆逐艦は中国の最も強力な最新鋭軍艦となる。

​関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (203)
タグ
軍事, ミサイル, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント