16:58 2019年06月27日

フィリピン、駐カナダ大使を召還 ゴミ搬出問題で

© AP Photo / Aaron Favila
アジア
短縮 URL
0 50

フィリピン政府は15日、カナダから運び込まれたゴミの搬出を巡る問題を理由に、駐カナダ大使を召還する決定を下した。地元のニュースサイト「ラップラー」が伝えた。

スプートニク日本

フィリピンのロクシン外相は16日、2013年に同国内に違法な形で運び込まれたゴミの搬出に関して、カナダ政府が15日の最終期限に遅れたとツイッターに投稿。

「昨夜の午前0時、カナダに駐在する我々の大使と領事を召還するための書簡が発出された」としている。さらに、大使と領事らが近日中に帰国する予定だとつけ加えている。

ロクシン外相は、ゴミを巡る問題が解決されない間、フィリピンの外交使節団は縮小された体制で活動していくと強調している。

フィリピンの当局者らが、カナダとのゴミ問題を初めて提起したのは2014年。ゴミが積載された複数のコンテナが2013~14年に運び込まれていたことが判明したことを受けたものだった。

フィリピン政府は、マニラ国際コンテナターミナルに到着したこれらのコンテナについて、リサイクル向けのプラスチックを積載しているとする虚偽の表示がなされており、実際には数トンの家庭ゴミを満載していたと発表している。

関連記事

タグ
自然, 環境, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント