07:55 2020年07月15日
アジア
短縮 URL
0 32
でフォローする

フィリピン政府は、小・中学校と高等学校の生徒らに、最低10本の植樹を義務付ける法律を可決した。 英紙「インデペンデント」が報じた。

スプートニク日本

法案作成者で政治家のハリー・アレハノ氏によれば、国内では毎年1200万人が初等教育を修了し、高等教育では約500万人、さらに50万人が大学を卒業する。同氏の計算では、卒業生たちが法令を守った場合、フィリピンでは毎年1億7500万本が植樹される。

政府は、新しい法律によって国の生態系の回復を計画している。20世紀にフィリピンの総森林面積は70%から20%に減少した。違法な森林伐採は、フィリピンが抱える重大な問題の1つとなっている。森林が少なくなったことにより、洪水や地滑りのリスクが高まっている。さらに当局によると、植えられた木々は地球温暖化防止に役立つという。

関連ニュース

国際生物多様性の日 生物の絶滅速度は予想以上に速い

タグ
すごい, おもしろい, びっくり, 環境, 教育, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント