04:31 2019年11月20日

ロシア当局、タイのデング熱流行に注意喚起

CC0 / Pixabay
アジア
短縮 URL
221
でフォローする

ロシア連邦消費者権利保護監督局は、タイでデング熱が流行していると注意を喚起した。タイでは今年に入ってデング熱で90人が死亡。

スプートニク日本

「2019年始めから、タイ中部と南部で3万件を超えるヒトの発症件数が確認された。直近の2週間では2万1千件で、うち90件では死亡が確認された」

タイ当局は媒介である蚊の拡散を抑える措置を取っている。

ロシア消費者権利保護監督局は蚊に噛まれないように出来るだけ身体を覆うような服を着て、虫除けや殺虫剤を使い、室内には窓と扉に蚊避けのネットを設置するよう推奨する。

デング熱の症状は高熱、吐き気、発疹、頭痛、腰痛。多量の内出血を伴うこともある。

関連記事

タグ
医学, 健康, タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント