20:00 2019年06月25日
金正男(アーカイブ写真)

金正男氏はCIAの情報提供者だった=WSJ

© REUTERS / Lim Se-young/News1
アジア
短縮 URL
241

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は10日、消息筋の話として、2017年2月にマレーシアの首都クアラルンプールで殺害された北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏は米中央情報局(CIA)の情報提供者だったと報じた。

スプートニク日本

WSJによると、正男氏が2017年2月にマレーシアを訪れたのはCIAと接触するためだったが、別の目的もあった可能性がある。

米国の複数の元政府高官はWSJに、金正男氏は北朝鮮国外での暮らしが長かったため、北朝鮮についてあまり知らなかったが、中国など他の国の治安機関ともつながりがあったと指摘した。元高官らは、中国の特別行政区マカオで長い間暮らしていた正男氏が、中国をはじめとした外国の情報機関と接触していたのは「ほぼ確実」だと指摘したという。

WSJは、金正男氏と米情報機関のつながりに関する詳細は、11日に出版予定のワシントン・ポストの記者の書籍『グレート・サクセッサー(偉大な後継者)』に記されていると主張している。

なおCIAは正男氏とのつながりに関する情報についてコメントしていない。

関連ニュース

イラン、地域で活動する約300人からなるCIAスパイ網を摘発=イラン情報省

タグ
中央情報局, 北朝鮮, 金正恩, 金正男
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント