22:01 2019年11月14日
日米、北朝鮮の飛しょう体の対処検討で連携へ

日米、北朝鮮の飛しょう体の対処検討で連携へ

© AP Photo / Ahn Young-joon
アジア
短縮 URL
0 32
でフォローする

日本の防衛省は、北朝鮮が25日に発射した飛しょう体への迎撃が困難な可能性があるとして、米国と連携して対処方法を検討する方針を示した。NHKが報じた。

防衛省は飛しょう体について、従来の弾道ミサイルと異なり、比較的低空飛行だと指摘し、軌道が変則的だと分析した。

米韓が共同分析したところ、飛しょう体の飛距離はおよそ600キロだった。

防衛省は、飛しょう体が日本に届く可能性を除外しておらず、対処方法を米国と連携して検討する方針を示した。

関連ニュース

北朝鮮のミサイル発射 韓国の「好戦勢力」に厳重な警告

タグ
米国, 日本, ミサイル, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント