16:23 2019年12月15日
北朝鮮(アーカイブ)

北朝鮮が飛しょう体数発を発射 聯合ニュース

© AFP 2019 / John Macdougall
アジア
短縮 URL
0 02
でフォローする

韓国軍の合同参謀本部によれば、31日未明、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は東部ハムギョン(咸鏡)南道から日本海に向けて2発の短距離弾道ミサイルを発射した。聯合ニュースが報じた。

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が31日午前5時6分と5時27分に、2発の短距離弾道ミサイルを発射した。飛行距離は約250キロ、高度は約30キロだったという。

安倍首相 【アカーイブ写真】
© AP Photo / Ritzau/Ivan Riordan Boll
防衛省は、北朝鮮が飛しょう体を発射したことを受け、日本の領域や排他的経済水域への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、日本への直接の影響は確認されていないと発表した。

先に、北朝鮮は25日5時34分と5時47分に、2発のミサイルを発射したと報じられていた。

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント