15:23 2020年07月15日
アジア
短縮 URL
0 01
でフォローする

韓国軍の合同参謀本部は10日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が東部のハムギョン(咸鏡)南道ハムン(咸興)付近から日本海に向けて飛しょう体を2回発射したと明らかにした。NHKが伝えた。

韓国軍は米軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいる。

防衛省によると、日本の領域や排他的経済水域への飛来は確認されておらず、日本への直接の影響は確認されていない。

北朝鮮は今月6日2日、日本海に向けてミサイルを発射した。また、北朝鮮は7月25日31日にも、2発の短距離弾道ミサイルを発射した。

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント