23:57 2019年11月21日
手術

30年間頭痛に悩まされた中国人 脳に寄生虫が住み着いていたことが判明

© Sputnik / Varvara Gert'e
アジア
短縮 URL
0 30
でフォローする

中国江西省で医師らが患者の脳から10センチの寄生虫を摘出した。どうもこの虫は頭の中で30年「生きて」いたようだ。サイト「アジア・ワン」が報じた。

ある中国人男性(59)は30年間ひどい頭痛に悩まされ、自分の健康問題の原因を解明しようと試みたがうまくいかずにいた。男性によれば、1989年に彼はカードで遊んでいたが、突然気分が悪くなったという。手足が震え始め、口から泡を吹いた。

家族らが彼を地域の医師たちのところへ運んだ。この医師たちは彼がてんかんの発作を起こしたと診断し、治療を行った。薬が処方されたにも関わらず、男性は依然として定期的に発作を起こし、頭痛を訴えた。

2015年に彼が暮らす村で火事が起こった。火を消そうとしていたとき、男性を定例の激しい発作が襲った。男性は何度も医師に通ったが、しかし、毎回同じ診断だった。

2019年7月にようやく医師らは患者をMRIで検査することとし、彼の脳に寄生虫を発見した。外科医たちは首尾よく患者の手術を終わらせ、ワームを摘出した。

関連記事

タグ
医学, 健康, 動物, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント