05:39 2019年12月09日
シロアリ(アーカイブ写真)

インドネシア100万ルピーをシロアリが台無し 孫のプレゼントを祖母がタンス預金【写真】

© 写真 : Public domain / Scott Bauer
アジア
短縮 URL
0 03
でフォローする

インドネシアの南ジャカルタに暮らすパトリー・バディンさん(23)がツイッターでシロアリの被害について訴えた。シロアリが彼女のタンス預金1千万ルピー(約7万5千円)を台無しにしたという。

ツイッターでパトリー・バディンさんは、「私はシロアリに食べさせるために貯蓄してたんじゃない。なんて悪夢だ!」と写真にコメントした。この投稿にはたくさんの共感のコメントが寄せられた。

​バディンさんは、お金は祖母のために貯蓄したものだが、祖母は死ぬまで孫のプレゼントを使うことはなかったと語った。さらに、祖母は自分のお金をタンス預金に加えていた。祖母が亡くなった時、バディンさんはタンスの中を覗き、そこに紙幣の入った2つの封筒があるのを発見した。封筒はシロアリによってひどい損傷を受けていた。

大食の害虫は1千万ルピーの半分を食い散らかしていた。残された半分の紙幣をバディンさんは地元銀行に持っていったが、交換の対象となるのは破損が33%未満の紙幣だけだった。その結果、1千万ルピーのうち彼女の手元に残ったのは、たったの100万ルピー(7500円)だった。

パトリー・バディンさんはまったくついていなかった。7月中旬に韓国の女性が誤ってオフィスのシュレッダーに550ウォン(4万8454円)をかけてしまったが、幸運を勝ち得たことが報じられた。彼女は1ヶ月かけて粉々になった紙幣をつなぎ合わせ、銀行で新しいお札に替えてもらうことができた。ポータルサイト「アジア・ワン」が報じた。

タグ
動物, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント