22:40 2019年09月19日
青瓦台

韓国法相候補の妻 時効間近で電撃起訴

© 写真: Humorahead01
アジア
短縮 URL
0 01
でフォローする

韓国検察当局は6日深夜、次期法相候補に指名されたチョ・グク氏の妻を私文書偽造の罪で起訴した。取り調べもなく電撃的に起訴するのは極めて異例。チョ氏を通じて検察改革を推進する青瓦台と抵抗する検察当局との対立が表面化したとの見方も出ている。毎日新聞が報じた。

韓国大統領
© Sputnik / Eugeny Odinokov
チョ氏の妻は東部の慶尚北道(キョンサンプクド)にある東洋大学の教授。娘が2014年に釜山大学大学院に進学した際、有利になるよう東洋大学の「総長賞の表彰を受けた」と虚偽記入した履歴書を提出した模様。検察の聴取に同大総長は「表彰状を与えたことはない」と証言していた。

6日に開かれた国会の聴聞会でチョ氏は、妻とともに総長に電話をしたことは認めたが、「事実関係を確認してほしい」と話しただけだと関与を否定。妻が偽造したとすれば「裁判結果次第で処罰を受けなければならない」と述べていた。

韓国の聯合ニュースによると、検察当局は妻が文書を偽造した時期を12年9月7日と特定。私文書偽造罪は時効が7年のため、聴聞会終了直後の電撃起訴となった。

関連ニュース

タグ
スキャンダル, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント