07:33 2019年12月12日
キャリー・ラム

香港行政府と一般市民の対話、来週にも開始=マスコミ

© REUTERS / Kai Pfaffenbach
アジア
短縮 URL
香港デモ (69)
101
でフォローする

香港行政府と一般市民の対話が来週から開始する。キャリー・ラム(林鄭月娥)香港行政長官の記者会見での発言をもとにロイター通信が伝えた。

キャリー・ラム行政長官は、対話のための3つのプラットフォームは来週から始まる、と述べた。

対話への参加は誰でも申し込み可能だが、参加者数は100人から200人に限定されるという。

キャリー・ラム行政長官は、「たとえ対話が抗議デモに発展しても、私は対話を支持し、責任をとる覚悟ができている。対話は対立よりも良いはずだ」と述べ、対話のプラットフォームが成功裏に広がることへの期待を表明した。


逃亡犯の引渡しに関する法改正に端を発した香港の集団抗議は、6月初旬から起こっている。香港行政府は、現行の「逃亡中の犯罪容疑者に関する法」の改正を提案していた。

大規模な抗議活動に対して、香港政府は譲歩の姿勢を見せ、上記法改正の無期限停止を発表した。しかし法案反対者はそれに満足せず、法改正を完全に取りやめることを要求。政府に最後通牒を突き付けたが、それは認められなかった。暴力と警察との衝突を伴う抗議デモはその後も続いている。

関連記事

トピック
香港デモ (69)
タグ
抗議, 香港
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント