06:55 2020年10月28日
アジア
短縮 URL
0 16
でフォローする

日本の外務省は、日本海の大和堆周辺で日本の水産庁の漁業取締船と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の漁船が衝突した事故を受けて、日本の排他的経済水域内で事故を引き起こした事態は重大だとして北朝鮮に抗議した。NHKが伝えた。

抗議は7日に行った。

漁業取締船の乗組員は水産庁などの聞き取りに対して事故について「船を発見し、水域から出るように警告したところ、急に接近してきて接触した」と説明した。これを受けて日本の外務省は、北朝鮮の漁船が事故を引き起こした事態は重大だとして、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。

7日、日本海の大和堆周辺で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突し、北朝鮮の漁船が浸水した。海に投げ出された北朝鮮の乗組員役60人全員が救助され、そのあと別の北朝鮮の船に引き取られた。

関連ニュース

タグ
事故, 北朝鮮, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント