23:17 2019年11月17日
北朝鮮(アーカイブ写真)

北朝鮮が批判 米国は気に入らない国に対して制裁を利用している

© AFP 2019 / Ed Jones
アジア
短縮 URL
0 72
でフォローする

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、米国はその強制に従わない国を不安定化するために経済制裁を利用していると報じた。

労働新聞の記事では「米国を含む西側諸国は、制裁を使って反抗的な国々に圧力をかけている」と強調されており、「1歩譲ったならば、さらに10歩、100歩と譲ることになり、最終的に崩壊につながる」と述べられている。

また記事の中では、例としてイラクとリビアの事例が挙げられており、両国は西側諸国に内政問題への干渉を許して「自己破壊の道をたどった」とされており、「これは自分自身を傷つけることに等しい」との考えが示されている。

また労働新聞は、西側の制裁は各国の経済を不安定化させ、政権交代させるために圧力をかけ、最終的に西側の政策に完全に服従させることを目的としていると指摘しており、「独立と国家の尊厳は、帝国主義者と戦うことによってのみ達成し得る」とまとめている。

関連ニュース

習主席 米国に対北朝鮮制裁の緩和を要請

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント