21:44 2019年12月13日
ビデオゲーム(アーカイブ写真)

中国 児童の深夜オンラインゲームを禁止

© Fotolia / Vadymvdrobot
アジア
短縮 URL
0 42
でフォローする

中国当局は、深夜から早朝の時間帯の児童のオンラインゲームに制限を設け、午後10時から午前8時までは子どもたちがプレイすることを禁止した。子どもたちは、平日は1.5時間、土日は3時間までプレイすることができる。米ニューヨークタイムズ紙が中国国営「新華社通信」の報道を引用し、報じた。

さらに8~16歳の児童にはゲームの課金額も上限枠が設けられ、毎月200元(約3129.2円)未満と決められた。16~18歳の場合、1回の課金額が100元(約1564.6円)を超えてはならず、月の課金額は合計で400元(約6258.4円)未満と定められた。

オンラインのプレイ中の子どもの行動を監視するために、中国当局はオンラインゲーム開発者に対し、ユーザー登録時にユーザーネーム以外に本名と携帯電話番号も登録させるよう義務付けている。これにより、ユーザー登録した子どもたちには特別なIDがつけられ、オンライン上の行動が追跡される。

子どもたちのオンラインゲーム依存は、近視や学習能力低下を招くことが多いため、中国当局はこうした制限を行うことで子どもたちの心身の健康を守ろうと力を注いでいる。

関連記事

タグ
中国, ゲーム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント